7/17(水) DX推進/2025年の崖問題とWin7/Win2008サポート終了を見据えた解決シナリオ 開催概要

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の動きが活発化しています。

一方で既存の業務システム、特にブラックボックス化が進むレガシーシステムをどうするのか、といった議論が経済産業省がまとめた「DXレポート」をきっかけに沸騰しています。

 

 

 経済産業省が平成30年9月に発表した「DXレポート」で述べている“ITシステム「2025年の崖」の克服”をテーマにした今回のセミナー。

レガシー化した既存システムのブラックボックス状態解消に向け、何から着手すべきか、必要な技術は何か、ICTの基盤刷新にはどのような要件が求められるか、など

レガシーシステムのモダナイゼーションを数多く実践してきたマイグレーションプロバイダである「システムズ」が読み解きます。

 

システムズが定期的に開催している今回のセミナーでは、今、ICTの世界でも旬のキーワードである「DX推進/2025年の崖」と「Windows7/WindowsServer2008 R2 サポート終了」の2つをテーマにしています。コスト削減や塩漬け状態のシステムからの脱却を主導する「マイグレーション」の解説だけでなく、2018年9月に発表された経済産業省のDXレポート/2025年の崖を意識したITシステム構築とレガシー化・ブラックボックス化が進むWindows7/WindowsServer2008 R2 上のVBアプリ資産からの脱却にも焦点を当て、モダナイゼーションの「診断・分析・リライト」が、DX推進に向けた現状分析から刷新計画の策定、再構築方法が既存IT資産の有効活用にいかに役立てられるのか? などを本セミナーで解説します。

 

今注目を集めるDX/2025年の崖の概要を知るとともに、近々の課題であるWindows7/WindowsServer2008R2の延長サポート終了対策の鍵となるWindowsレガシーからの脱却の具体的方策を聴くことができ、レガシーシステム再構築・刷新を検討中の企業のみなさまには絶好の機会です。

 

本セミナーでは実際に企業においてデジタルトランスフォーメーションを実現していく上で、DXレポートが指摘するようなレガシーシステムの現状とIT課題に対して、どんな対応策があるのかといった推進上のポイントについて明らかにします。

 

本セミナーの受講は無料です。ぜひ下記リンクよりお申込みください。

実施要領

日 時 2019年 7月 17 日(水)14:30〜17:00(14:00〜受付開始)
場 所

本社/東京事業所 セミナールーム

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-5 西五反田102ビル 8F(地図

アクセス

JR山手線 五反田駅西口 徒歩10分

東急池上線 大崎広小路駅 徒歩8分

都営浅草線 五反田駅または戸越駅 徒歩10分

主 催

株式会社システムズ

  ※お申込み順に受付いたしますので、お早めにお申込みください。

募集人数

20名

対 象

レガシーシステムのモダナイゼーションを検討中、あるいはデジタルトランスフォーメーション(DX)におけるレガシーシステム対応に関心をお持ちのユーザー企業 情報システム担当者様

 ※本セミナーは、法人のユーザー企業様を対象に企画しております。

 個人の方およびマイグレーション同業他社様のお申込みにつきましては

 参加をご遠慮いただく場合がございます。

参加費用

参加無料/事前登録制

締 切

2019年 7月 16 日(火)

備 考

もし、上記日時に都合がつかないが、ぜひ詳細を聞きたい、

などのご要望も、申込フォームより通信欄にて、お問い合わせください。

セミナープログラム

14:00 受付開始
14:30 オープニング(ご挨拶/当日のアジェンダ紹介)
14:40
|
15:10

< session1 > DX概要編
DX推進、レガシー脱却に向けた現状把握・将来計画の策定法
~モダナイゼーションの有効活用で始める2025年の崖の克服~

昨年、経済産業省が公開したDX推進レポートではブラックボックス化したレガシー刷新の計画策定を2020年までに求めています。本セッションでは20年以上レガシーのモダナイゼーションを実施した経験から棚卸等の現状システム分析手法及び効果について具体的に紹介。さらに、DX推進に向けた将来計画策定のアプローチプロセスについて紹介します。

セミナー講師:大島 理史

  • システムズが読み解く経済産業省「DXレポート」のポイント
  • DX推進の阻害要因 ~ レガシーシステムを使用し続けることのデメリット
  • 既存ITを活かすための現状分析 ~ なぜ現状分析をすべきなのか?

開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー 大島 理史

   
15:10
|
16:00

< session2 > ICT活用編
DX推進に不可欠なICT現状分析 具体的な取り組み内容と活用方法とは
~デジタルトランスフォーメーションの実現はIT総合診断でスタート~

「DXの足かせになっている既存システム!!」DXに目を向けたいものの、IT部門が抱えているIT資産は莫大なものになっており、この維持・管理作業に追われているのが現実です。ブラックボックス化が進む既存IT資産をどのように可視化し、DXに向けた検討につなげていくか、事例を交えて解説します。

セミナー講師:いしかわ

  • 企業ICT可視化の取組み事例(活用事例)
  • IT戦略を練るための可視化アプローチ
  • 自社を取り巻く環境の変化、将来ビジョン、業務フロー、システム連携、データフロー、DB設計書 等
  • ICTの可視化からどう診断して戦略策定につなげるか?
  • 企業ICT可視化の取組み事例(活用事例)
  • IT戦略を練るための可視化アプローチ
  • ICTの可視化からどう診断して戦略策定につなげるか?

開発事業本部 ソリューション開発グループ
チームリーダ 石川 嘉士

   休憩 10分
16:10
|
17:00

< session3 > windows移行実践編
迫る!Windows7 & Windows Server 2008 サポート終了
やるなら今!VB6.0アプリ資産モダナイゼーションの進め方

セミナー講師:いたくら

2020年のWindows7とWindows Server 2008/R2のサポート終了まで残り1年となり、特にVisual Basic6.0(VB6.0)で開発されたアプリ資産の移行対策に関するお問い合わせがますます増加しつつあります。サーバおよびクライアントOSのサポート終了で増大するセキュリティリスク、厳しい状況に追い込まれつつある開発と稼働環境、といったさまざまな課題が伴い、今後VB6.0アプリ資産をどうしていくのか?これから早急に対処しておきたいレガシー化するVBアプリ問題を、当社独自のVB変換ツールのデモも交えて分かりやすくお答えします。

開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー 板倉 利幸

17:00 閉会/モダナイゼーションに関する個別ご相談など

※講師および講演内容が変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

※セミナーは、ユーザ企業様対象のセミナーとなっております。

 個人ならびに同業他社様のお申し込みはお断りさせていただくことがございます。

※文中の社名、商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。


おかげさまで50年! システムズは創立50年目を迎えました!

50th 記念サイト systems-inc.com

 

■セミナーに関するお問い合わせ

株式会社システムズ セミナー事務局(ソリューション営業チーム わたなべ・いしかわ)

   マイグレーション商材 公式サイト  www.migration.jp 

   株式会社システムズ  コーポレートサイト  www.systems-inc.co.jp 

TEL 03-3493-0032(セミナー問い合わせ ダイヤルイン)

受付時間 9:00〜17:30(土・日・祝日を除く)

FAX 03-3493-2033(24時間受付)