「日経 xTECH EXPO 2018」に出展

VBモダナイゼーションの最新トピックスを展示とセミナーで紹介

 

マイグレーションプロバイダのシステムズは、10月17日(水)~19日(金)の3日間、

東京ビッグサイト東ホールで開催された「日経 xTECH EXPO 2018」(主催 : 日経BP社)に出展しました。

モダナイゼーションをテーマに出展したシステムズブース
モダナイゼーションをテーマに出展したシステムズブース

当社にも、2020年のWindows7やWindows Server 2008のサポート終了を控えWindowsレガシーからの脱却や、すでにサポート終了している開発ツール「VB6.0(Visual Basic6.0)」で開発されたアプリ資産の継承などの問題に関する企業からのお問い合わせが増えています。今回のイベントでは、このWindowsレガシーの問題にフォーカスし、ブースでは、「VB6.0」から「.NET」への変換ツールのデモや各種資料をご覧いただきながら、ITモダナイゼーションやクラウド移行などに関するさまざまなご相談に対応させていただきました。

レガシーシステム可視化やリライト手法などをテーマにパネルや資料で紹介
レガシーシステム可視化やリライト手法などをテーマにパネルや資料で紹介
ブースではコンパニオンがノベルティをプレゼント
ブースではコンパニオンがノベルティをプレゼント

VBマイグレーションのポイントをセミナーで徹底解説

2日目には会場内セミナールームで講演を行った
2日目には会場内セミナールームで講演を行った

また、10月18日(木)14:30からは、展示会場内セミナールームで、「迫るWin7/Win2008サポート終了!VBマイグレーションのポイント徹底解説」と題したセミナーを開催しました。2020年のWindows OSの延長サポート終了により、旧来のVB6.0で開発されたアプリ資産の稼働環境は、ますます厳しい状況に追い込まれます。多くの企業が関心を持つ旬の話題ということもあって、160名を超える事前登録を頂戴し、会場はたくさんの聴講者の熱気に包まれました。

多くの参加者が会場を埋め尽くした
多くの参加者が会場を埋め尽くした
セミナーを担当した板倉
セミナーを担当した板倉

登壇した当社の開発事業本部のプロジェクトマネージャーである板倉利幸は、冒頭、モダナイゼーションの変遷を概説、汎用機からのモダナイゼーションを主としていた当社が2005年あたりから「レガシーWindowsを最新OSに移行したい」という問い合わせが出始めた経緯を説明しました。また、マイグレーションは単なるプログラムの置換と思われがちだが、システムの移行にはさまざまなノウハウが必要であり、実績のあるベンダに依頼することが大切だと強調しました。

このあと、本題である「VBアプリの移行手法」を解説、VB6.0からのアップグレードの問題点を解説、実際にデモを見せながら、アップグレードウィザードで見つかったエラーは1つずつ潰していかねばならず、品質も生産性も著しく低下すること、さらにアップグレードウィザードでは出力されないエラーもあることなどを話しました。この分野で豊富な経験を持つシステムズがどういった手順でモダナイゼーションを実践しているのか、棚卸からアップグレードの問題点のパターン化、パターンごとの変換設計まで、当社の独自手法を紹介しました。さらに、変換パターンチェック、画面・帳票項目チェック、出力データコンペア、シナリオチェックの4つのテスト手法を紹介し、最後にVBモダナイゼーションの事例をいくつか取り上げて講演を終了しました。

変換デモなどによりVBモダナイゼーションを分かりやすく
変換デモなどによりVBモダナイゼーションを分かりやすく

セミナーに熱心に聴き入る参加者の姿が目立ち、終了後に当社の展示ブースを訪れて、担当者に熱心に質問をする光景も見られました。



今回、参加できなかった方やVBモダナイゼーションに関心をお持ちの方は、当社が主催している定例マイグレーションセミナー(無料)にぜひご参加ください。
次回は11月16日に「VBモダナイゼーションのポイント」というテーマで開催いたします。

 

 

また、システムズでは、VBモダナイゼーションに限らず、

レガシー化したシステムのモダナイゼーション(マイグレーション)に関する

ソリューションを多数ご提案可能です。

お問い合わせはお気軽に、下記まで